2010年09月10日

娘からのリクエスト

夫のお弁当、息子の幼稚園通園時のお弁当
そして、この春に中学に入学した娘のお弁当
どのお弁当も冷凍食品を使わずに
作り続けているわたし手(チョキ)

だからと言って
すごーく手の込んだものを
入れているワケではなく
時には、前夜の残しモノを入れたり、
(残り物ではないのです!
あえて“残しておいた”モノなのです!!)
時には、黄色一色のお弁当になっちゃったり、
(オムレツ、ポテトフライ、パイナップルetc.)

そんな手抜きな日があっても、
手作りが一番exclamation×2
冷食弁当では何となく味気がないexclamation
と思い、毎日頑張って
作り続けてきた。

ところが、先日、

「あのさぁ〜唐揚げをたまには
 弁当に入れて欲しいんだぁ」

と娘がポツリと言ってきた。

「分かったよ!
 今度、夕飯に沢山唐揚げを作って
 それをいくつかお弁当分として
 残しておいて、 
 朝、温めなおして
 入れてあげる〜!!」

と答えたわたし。

すると…

「いやいやあせあせ(飛び散る汗)冷食のでいいの」

と、娘ふらふら

え〜っガッカリバッド(下向き矢印)
母手作り唐揚げじゃぁダメ??
そりゃぁ、冷食の方が手っ取り早くて
作り手としても楽だけど…
手作りにこだわり続けてきた
母の思いは伝わってなかったのぉ〜〜もうやだ〜(悲しい顔)


娘の思いに応えるべく
冷食の唐揚げを買ってみようか?
と、冷食売り場に一瞬足が向いたけど、
やっぱり、母の信念は変えられません!!
精肉売り場に行って、鶏肉を大量買いして、
唐揚げを作り、
翌日の娘のお弁当にどっさりと
入れておきましたパンチ

SH3E0268.JPG

posted by ミツコ at 14:56| Comment(0) | 娘のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。