2010年09月16日

“みつを”を音読する息子

小1の息子が学校の宿題として
毎日やっていること
それは…“音読”本

4月からほぼ欠かすことなく
毎日毎日音読をしている息子。
最初のうちは、
教科書ばかり読んでいたが
最近では、好きな絵本を
選んできては読んでいた。

ある時、
書棚から1冊の本を発見したわたし目
忘れていたが
かなり前にわたしの母が
わたしのお誕生日にかってくれた
あいだみつをの“いのちいっぱい”
という本であるexclamation×2

これは息子の音読に良いかもひらめきと思い、
書棚からその本を引っぱり出し、
漢字にふりがなを書いてあげて
息子に手渡すと…
すんなり受け取り、早速音読し始めたわーい(嬉しい顔)

みつをさんのありがたーいお言葉、
そして、味わいある独特の言い回しと
我が家のほのぼの息子の
やんわ〜りとした口調とが、
妙にマッチしていて
息子の読む“いのちいっぱい”は
今ではわたしの癒しになっている感じ揺れるハート

最近のわたしのお気に入りは
このページ↓

SH3E0282.JPG

息子の音読を聞きながら、

「本当にそうだなぁ〜」

と、そのお言葉を
一人深くかみしめている
わたしです。





posted by ミツコ at 08:27| Comment(0) | 息子のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。