2010年09月27日

息子の作品

昨日、近所の雑貨屋さんへ
リビングに置くための
カフェテーブルを買いに行った。

欲しいのは
以前からチェックしていた
小さめのオーバル型の
カフェブラウンのテーブルるんるん

店員さんに聞くと
まだ在庫ありexclamationとのことで、
即、購入手(チョキ)

小さめのテーブルなので
これなら、うちの車に積めそう車(セダン)
早くリビングに置きたいので、
配送はお願いせず
車に載せ、持ち帰る事にダッシュ(走り出すさま)

家に帰って
早速、箱から取り出し
リビングに設置わーい(嬉しい顔)

「うわぁ〜!新しいテーブルだぁぴかぴか(新しい)

と子供たちは大喜び!!
良かった良かったわーい(嬉しい顔)

さぁ次にすることは
テーブルが入っていた
大きな段ボール箱の処分だなパンチ
そう思っていると
すかさず息子から…

「この箱ちょうだい」

と予想通りのお言葉がふらふら

彼は大きな段ボール箱があると
大概、中に入って遊んでみたり、
箱の外側に絵を描いてみたり、
切って工作をしてみたり、
箱1つで何通りもの
遊びをすることができる。

「いいよ〜あげる!
 でもお片づけはちゃんとしてよどんっ(衝撃)

と、言うと

「やった〜」

と、言うとすぐさま
ハサミでジョキジョキ…
と段ボールを解体しはじめた。

ママ友とお茶喫茶店する約束が
あったわたしは
解体作業のみ見届け、

「お茶してきまーす!!」

と、家族を残し外出。
さて?わたしが帰ったころ
どんな作品ができているか
お楽しみ〜揺れるハート

お茶を飲んで、いっぱい話して、
すっかり帰宅時間が
遅くなってしまったわたしあせあせ(飛び散る汗)
子供たちはもう寝ちゃってだろうなぁ…

玄関を開けると、
「お帰り」の声は予想通り夫のみ。
やっぱり、眠っちゃったよね眠い(睡眠)
でも、リビングに入ると
息子の代わりに
息子の作品の
“くりぼ”(マリオのキャラクター)が
わたしのことを
待っていてくれたわーい(嬉しい顔)

廃材もこんなに可愛く
変身しちゃうなっちゃうなんて…
子供の手はまるで魔法の手だね手(パー)

SH3E0301.JPG








posted by ミツコ at 15:15| Comment(0) | 息子のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。